しんぼく
 多摩グリーンボランティア森木会
    
「丹沢の白馬」をご存じですか?

ホーム活動のご紹介
エリア動植物ギャラリー
年間日程  入会案内
更新履歴・班員専用ページ
リンク集えんそく日記

左の写真は、相模川にかかる新小倉橋東詰から南西方向を撮ったもの(2013.1)です。
右手の城山の山腹を削って圏央道相模原インター建設工事が進行中(現在は完成済み)ですが、
その先、丹沢の尾根の中腹、赤丸の中に白馬が見えます。
赤丸と城山の間のピラミッド型の山は蛭ヶ岳です。
拡大するとこうなります。

山腹に雪によってできる模様は「雪形」と呼ばれ、北アルプス白馬岳の「代掻き馬」をはじめ有名なものが
ありますが、多くは雪解け時に山肌が黒く現れる形(ですから白馬岳の雪形は実は「黒馬」なのです)を
指し、農事の目安にされてきました。
従って白い雪形は比較的少なかったと言えますが、丹沢のこの白馬は数ある雪形の中でも美しいものと
言って差し支えないでしょう。その割にあまり知られていないのが実情ではないでしょうか。

   そして実は、この白馬がよこやまの道の「防人見返りの峠」から、ちょっとだけ見えるのです。
   それがこちら。どこにいるか、分かりますか?        拡大したのがこちらです。
         
   雪の季節にはぜひ一度、丹沢の白馬に会いに行ってあげて下さい。

ホーム
Copyright(C)2011-2018
多摩グリーンボランティア森木会
よこやまの道班

inserted by FC2 system